仮想通貨(ビットコイン)は誰が作っているのか?
  1. 仮想通貨(ビットコイン)は誰が作っているのか?

仮想通貨(ビットコイン)は誰が作っているのか?

仮想通貨(ビットコイン)は誰が作っているのか?

ビットコインを最初に作ったのは?

「仮想通貨」は「円」や「ドル」などの「法定通貨」とは違い、特定の国や機関によって管理されている通貨ではありません。それは特に有名な仮想通貨である「ビットコイン」も同様です。しかし、そうなると一体どうやってビットコインが生まれたのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。実は、ビットコインの生みの親が誰なのか、具体的な正体はわかっていません。ひとつだけわかっているのは提唱したのが「サトシ・ナカモト」という人物であることです。

ビットコインはサトシ・ナカモトが2008年11月に発表した暗号理論に関する論文、『ビットコイン:P2P電子キャッシュシステム』から始まりました。論文の中で提唱された理論を元にしてブロックチェーン技術に興味を持った様々な人が分担してコードを書いていき、徐々に完成していったのがビットコインです。ここで重要なのは、サトシ・ナカモトはあくまでも提唱者であって開発者ではない、ということ。サトシ・ナカモトが名前から想像できるように日本人なのか、個人なのか組織なのか、についても憶測は飛び交っているものの現時点では不明です。

ビットコインの中核にいる人々

そうなると、次に疑問として浮かぶのはビットコインを発行しているのは一体誰なのか、でしょう。提唱者や開発者はいても運営・管理は行っていない、となると「それでどうやってビットコインは成り立っているのか?」という疑問が生まれるのも当然です。「仮想通貨(ビットコイン)を支えるブロックチェーンとはどんな技術?」でも説明したように、ビットコインは「ブロックチェーン技術」によってユーザー同士が管理する体制を取っています。

ビットコインのソフトウェア開発については、ビットコインが生まれた初期から開発に携わっている「コア・デベロッパー」と呼ばれる人々が行っています。そして、コア・デベロッパーとは別に世界中で行われるビットコイン取引の「承認作業」を行っているのが「マイナー」です。ブロックチェーンは取引履歴が記録された複数のブロックがつながってできていますが、この作業を行うためには膨大な量の演算処理が必要になります。そこで、マイナーが各々のコンピュータを使って承認作業を行っているのです。

そして、コア・デベロッパーとマイナーは数ヶ月に一度、世界各地で開催されている「ビットコイン・カンファレンス」に集まります。そこでビットコインの今後の方針やルールが話し合われることになっていますが、メンバーの間に序列は存在しません。全員が対等で上下関係がなく、また特定の企業や国、銀行に管理されることなく、どこかに大きな権力が集まるわけでもありません。サトシ・ナカモトの論文名に「P2P」とあるように、中央集権的な金融システムに対するアンチテーゼとして生まれた側面もあるのです。

マイニング(採掘)って?

ビットコインの発行について説明するために、先ほど少し触れたマイナーについて詳しく説明していきましょう。まず、マイナーが行っているのは世界中で行われているビットコイン取引の承認作業です。ビットコインの取引データの履歴をトランザクションと呼び、トランザクションを数百~数千単位でまとめたものがブロックになる、と「仮想通貨(ビットコイン)を支えるブロックチェーンとはどんな技術?」でお話ししました。この取引データをまとめてブロックを作成し、ブロックチェーンに追加する作業が「マイニング」です。そしてマイニングは自動的に実施されるわけではなく、有志のマイナーによって取引データの内容が正しいかどうかが計算して確かめながら作業されます。

マイニングにはスパコン並のパソコン性能が必要で、マイナーはマイニングを行うための環境を自分で整えることになります。そして、マイニングは世界中のマイナーが参加するレース形式によって行われ、最も速くマイニングを成功させたマイナーに新規発行されるビットコインを報酬として支払う、という仕組みです。新たに発行されるビットコインを報酬として獲得できる、これが「承認作業」がマイニング(採掘)と呼ばれるゆえんなのです。

ページのトップへ