仮想通貨を使うメリット3.買い物~便利な「ウォレット」とは?
  1. 仮想通貨を使うメリット3.買い物~便利な「ウォレット」とは?

仮想通貨を使うメリット3.買い物~便利な「ウォレット」とは?

仮想通貨を使うメリット3.買い物~便利な「ウォレット」とは?

スマホで簡単に決済!

仮想通貨が持つメリットについて、「仮想通貨を使うメリット1.投資~誰でも少額からチャレンジできる!」「仮想通貨を使うメリット2.送金・寄付~銀行送金との使い分けは?」で投資、海外送金のお話をしてきました。しかし、仮想通貨が注目されている理由はこれだけではありません。仮想通貨はその名の通り「実体を持たないお金」です。よく混同されやすい「電子マネー」との違いについては「そもそも仮想通貨とは?現金や電子マネーとはどう違う?」で説明しましたが、実体を持たないからこそのメリットも多々存在します。

実体のないデジタル通貨だからこその利点、それは決済が簡単にできるということです。仮想通貨を店舗で使用するには、皆さんがお持ちのスマホに「ウォレット」と呼ばれる専用のアプリをダウンロードします。例えばビットコインなら、「bitflyer(ビットフライヤー)」というウォレットアプリをあらかじめダウンロードしておきます。所持しているビットコインは「bitflyer」の中に管理されているので、あとは「BTC(ビットコイン)」対応の表示があるレジへ行きましょう。レジでQRコードの読み取りを行い、支払いボタンを押すだけで決済は完了です。しかも、仮想通貨による決済は安全性の高さでも優れています。クレジットカードの決済の場合は暗証番号の入力をしますが、仮想通貨は先ほど説明したようにQRコードの読み取りで決済を行います。匿名決済が可能なことで個人情報漏洩のリスクを抑えることができるのです。

ビットコインはどんなお店で使える?

決済が非常に簡単、かつ安全性も高い仮想通貨。そんなメリットがあるなら是非使いたい、と思っても、現在どんな店舗で対応しているのかわからない方も多いと思います。最近では代表的な仮想通貨「ビットコイン」の決済に対応している店舗が増えてきていて、オンライン利用できるところや全国展開しているところだと以下のようなお店があります。これらの店舗を利用するようならクレジットカードではなくビットコインを使ってみるのも良いかもしれません。

DMM.com
オンライン
DVDレンタル、通販、動画配信、オンラインゲームなど
ビットコインモール
オンライン
仮想通貨決済専用ショッピングモール
メガネスーパー
実店舗(全国)
眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器販売
ビックカメラ
実店舗(全国)
家電量販店
コジマ
実店舗(一部店舗のみ)
家電量販店
ソフマップ
実店舗(全国)
パソコンショップ・家電量販店(一部店舗のみ)
ビットコインはどんなお店で使える?

ウォレットについて理解しよう

仮想通貨で決済を行うためにはウォレットのアプリを使用する、と最初にお話ししました。しかし、そもそもウォレットとは何か疑問に思う方もいるのではないでしょうか。そのまま日本語に直訳すれば「財布」で、実は仮想通貨を購入するだけならウォレットは必ずしも使わなければならないというわけではありません。「仮想通貨取引所」で購入したビットコインなどの仮想通貨は、そのまま取引所に保管しておくことも可能なのです。

しかし、取引所に購入した仮想通貨を保管しておくのは危険が伴います。大きなニュースになった2018年1月の「コインチェック」ハッキングで「XEM」が大量流出した件があったように、取引所の倒産やハッキングによる流出のリスクがあるためです。また、メンテナンスで送金ができなくなることや、入出金の手数料が高いこともネックになりがちです。

そこで、仮想通貨を安全に保管しておくために仮想通貨専用のバーチャルな財布としてウォレットを作成します。ウォレットには「ウェブウォレット」のほか、「ソフトウェアウォレット」や「ハードウェアウォレット」が存在しますが、最もおすすめなのはスマホやパソコンにダウンロードするタイプのソフトウェアウォレットです。それぞれのウォレットの特徴はこのようになっています。

ウェブウォレット
値段 無料
セキュリティ △
ソフトウェアウォレット
値段 無料
セキュリティ ○
ハードウェアウォレット
値段 有料(10,000~20,000円)
セキュリティ 

ウェブウォレットはウェブページにアクセスすることで利用できるウォレットで、IDとパスワードさえ控えておけばいつでも、どこからでもアクセスできることが特徴です。この利便性の高さがメリットなのですが、逆にハッキングやフィッシング詐欺などセキュリティ面での不安が大きいということでもあります。

そのため、ウォレットは一般的にソフトウェアウォレットを利用している方が多いです。ソフトウェアウォレットは上で紹介したようなスマホやパソコンにダウンロードするタイプで、ウェブサイトにIDやパスワードを入力する必要がありません。自分の端末の中だけで仮想通貨を動かすことが可能なので、セキュリティも自然と高くなります。

さらにセキュリティの高さを意識するなら、最も強固なのがハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットではスマホやパソコンにソフトウェアをダウンロードするのではなく、専用のウォレット端末を使用します。スマホやパソコンはウィルスの心配がありますが、ハードウェアウォレットは普段はオフラインなのでハッキング等の心配もありません。ただし、ハードウェアウォレットは端末を購入する必要があるため、10,000~20,000円の費用がかかります。どのタイプのウォレットが良いのか、セキュリティ面や使い勝手から検討していきましょう。

ページのトップへ