仮想通貨の種類~ビットコインとアルトコインの違いは?今買うべきなのは?
  1. 仮想通貨の種類~ビットコインとアルトコインの違いは?今買うべきなのは?

仮想通貨の種類~ビットコインとアルトコインの違いは?今買うべきなのは?

仮想通貨の種類~ビットコインとアルトコインの違いは?今買うべきなのは?

アルトコインとは?

最も代表的な「仮想通貨」といえば「ビットコイン」ですが、昨今ではそのほかにも様々な仮想通貨が登場しています。現在世界に存在する仮想通貨の数は実に1,000種類以上ともいわれており、それらはビットコインのプログラムを参考に作られていることから、「アルトコイン」の名称で呼ばれます。アルトコインは「Alternative coin」の略称で、意味としては「ビットコインの代わりになる通貨」です。

ビットコインのプログラムは全てが公開されているため、技術と知識さえあれば誰でも新たなビットコインを生み出せる可能性があります。そこで、ビットコインのシステムが持つ欠点を改善した、新たな価値を持つ仮想通貨としてアルトコインが次々と生み出されているのです。アルトコインには「リップル(Ripple)」や「ライトコイン(Litecoin)」「イーサリアム(Ethereum)」などが存在し、ビットコインよりも即時支払いに対応しやすい、マイニングの労力が少ない取引承認方式を採用しているといった特徴を持っています。

アルトコインに投資する前に知っておきたいこと

投資対象として見た場合にも、ビットコインとアルトコインには大きな違いがあります。というのも、そもそもの知名度がビットコインに比べてアルトコインは低いですし、価格の高騰が起こっていることも少ないです。ビットコインは高い知名度を持つが故に取引も活発であり、価格も高騰しています。しかし、アルトコインならビットコインよりも機能性は高い一方で価格は低めで、低予算であっても購入しやすいという特徴があります。

ただし、知名度が低いということは積極的に取引を行う方がビットコインと比べるとどうしても少なくなるため、市場の動きは小さめです。市場での動きが小さいと、売買したいと思ったときに好きなタイミングで希望した量の売買が難しいケースもある点はあらかじめ注意しておく必要があります。ですが、現在では高騰してなかなか手が出しづらいビットコインも最初はごくわずかな価値しかなかったように、今人気がなくても将来爆発的に価値が上がる可能性があるのが仮想通貨です。アルトコインへの投資はそういった将来性への期待も大きいでしょう。

将来性あり!?おすすめの仮想通貨

それでは実際にどの仮想通貨なら将来性があるのか?が気になるところです。アルトコインの将来性を見極めたい場合、まずはシステムや運営がしっかりしている銘柄を選ぶことから始めましょう。非常に魅力的なアルトコインであっても、「ライトライズ」のように出資金1億ドルとともに運営会社が姿を消す、といったような詐欺コインに騙されてしまう場合も残念ながら存在します。システムや運営に信頼を置くことができ、将来性も期待できる人気のアルトコインをまとめておくので、購入時の参考にしてみてください。

おすすめの仮想通貨(アルトコイン)

1.イーサリアム(ETH)

仮想通貨の代表格であるビットコインに対して、「イーサリアム」はアルトコインの代表格です。システムの技術レベルが非常に高く、優れていることからトヨタなどの有力企業が出資を行っており、将来性も非常に高いといえます。契約の自動化(スマートコントラクト)による株式や証券、口座情報の書き込みなども視野に入れた開発がなされていることに加え、価格変動の幅も少ないため初心者にもおすすめです。

2.リップル(XRP)

「リップル」は3ヶ月という短期間の間に価値が約80倍まで跳ね上がったことのあるアルトコインです。銀行など、金融機関の通貨交換や仲介を助けることを目的として開発された経緯があります。そのため、海外送金や国際決済で非常に便利に利用できますし、手数料もカットできます。ただし、リップルは「リップル社」が中央管理者となっている仮想通貨であり、価格が大変動するリスクが少ない反面、特定の管理者が存在しない仮想通貨ならではのメリットは薄いことは覚えておかなければいけません。

3.クアンタム(QTUM)

「クアンタム」はビットコインとイーサリアム、仮想通貨の代表格2つを組み合わせたようなシステムを持っています。ビットコインにある残高表示システム「UTXO」は送金データから逆算することで間接的に残高を把握しており、アカウントの残高をそのまま表示するよりも匿名性やプライバシーの保護の面で優れています。クアンタムではこのUTXOにイーサリアムのスマートコントラクトを組み合わせ、企業間のデジタル契約を安全に実施できるように開発されています。技術革新を目指した通貨だけに将来性に期待ができます。

4.ウェーブス(WAVES)

「ウェーブス」は独自トークンの発行が可能な仮想通貨です。イーサリアムの特徴であるスマートコントラクトも導入しており、500円支払えば誰でも簡単に独自トークンの発行ができることが大きな魅力になっています。「トークン」は特定の商品と交換できる引換券のようなもので、よく目にするものでは「Amazonポイント」や「楽天ポイント」もトークンの一種です。

5.ライトコイン(LTC)

「ライトコイン」はビットコインの対を成すといわれているアルトコインです。「Lite」という名前の通り、取引完了までの時間が短くなっていることが特徴。ビットコインではマイニングに10分の時間が必要ですが、ライトコインはマイニングをおよそ1/4の時間で完了することが可能です。しかも取引処理が簡単になっている分、送金コストの削減も実現しています。

ページのトップへ