仮想通貨で得た利益の税金はどうなるの?確定申告は必要?
  1. 仮想通貨で得た利益の税金はどうなるの?確定申告は必要?

仮想通貨で得た利益の税金はどうなるの?確定申告は必要?

仮想通貨で得た利益の税金はどうなるの?確定申告は必要?

仮想通貨で利益を得たら?

「仮想通貨」は「仮想通貨を使うメリット1.投資~誰でも少額からチャレンジできる!」で取り上げたような、「ビットコイン長者」「億り人」になれる可能性が誰にでもあります。特に2017年は仮想通貨の「始まりの年」とも呼ばれ、1年間で20倍の乱高下が起こるほどで、多くの利益を上げた方も出てきました。しかし、仮想通貨でいきなり大金を手にしたとしても扱いに困る、という方も多いのではないでしょうか。特に注意しておかなければならないのが確定申告です。

先に覚えておくべきことは、仮想通貨を「所持」しているだけなら確定申告は必要ない、という点。確定申告は仮想通貨の売却で利益が発生したり、仮想通貨を利用して商品の購入をしてはじめて必要になります。仮想通貨で発生した利益は雑所得に分類されるため、職業形態によって確定申告が必要な利益は異なり、会社員など給与所得者であれば20万円以上、主婦・学生など被扶養者であれば33万円以上、自営業・フリーランスであれば1円でも利益が発生した時点で確定申告の義務が生じます。

税率が変わる?総合課税について

なお、雑所得については給与所得など他の収入と合計した金額に応じて税率が決まる「総合課税」の対象になります。詳しくは下記表を見ていただきたいのですが、例えば課税対象となる所得額が300万円の会社員なら所得税率は10%です。しかし、仮想通貨の取引で100万円の利益を上げた場合、所得の300万円に仮想通貨で得た利益100万円を足して400万円が課税される所得金額となります。すると、所得税率も10%から20%へと跳ね上がるのです。これは仮想通貨の取引によって得た所得が大きくなればなるほど所得税率も上がる、ということなので、利益があったときほどよく確認しておかなければいけません。

  • 課税される所得金額
  • 税率
  • 控除額
  • 195万円以下
  • 5%
  • 0円
  • 195万円以上330万円以下
  • 10%
  • 97,500円
  • 330万円以上695万円以下
  • 20%
  • 427,500円
  • 695万円以上900万円以下
  • 23%
  • 636,000円
  • 900万円以上1,800万円以下
  • 33%
  • 1,536,000円
  • 1,800万円以上4,000万円以下
  • 40%
  • 2,796,000円
  • 4,000万円以上
  • 45%
  • 4,796,000円

課税所得額を計算してみよう

先ほど給与所得に仮想通貨による利益を足して合計で計算する、と説明しましたが、もう少し具体的に仮想通貨で利益を上げるケースについて説明しておきましょう。例として、自身が保有している仮想通貨を売却した場合で考えると、仮想通貨の「売却価額」と「取得価額」の差額が課税所得額です。

  1. 2,000,000円で5BTCを購入
  2. 900,000円で1.5BTCを売却

取得価額は「1BTCあたりの取得価格」で計算するので、2,000,000円÷5BTC=400,000円/1BTCです。このような場合、計算式は次のようになり課税所得額は30万円になります。

売却価額900,000円 - 1BTCあたりの取得価額400,000円 × 支払いビットコイン1.5BTC = 300,000円

また、仮想通貨の売買では多くの場合、複数回の取引を行うと思います。その際は取引ごとの所得価額を計算した上で1年分の合計を総所得額として申告することになります。そしてこの場合、「移動平均法」と「総平均法」の2つの計算方法があり、計算の簡単さでいえば総平均法の方がおすすめできます。ただし、総平均法の場合は期間途中での所得価額が把握できず、経済的な実態と計算結果が離れてしまうことがあるため、その場合は移動平均法の方が所得額の見積りや納税資金の準備が行いやすくなります。自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

確定申告しないとどうなる?

確定申告が必要な場合は毎年2月16日~3月15日までの間に確定申告書を作成・提出し納税しなければいけません。ただ、確定申告の際には「売上」「経費」「控除」など、普段あまり頻繁には使わない単語が出てくるので、確定申告に慣れていない方は税務署へ行って職員の方に聞きながら書類を作成した方が確実です。確定申告書が完成したら管轄の税務署に郵送すれば手続きは完了です。確定申告を忘れていたなど、無申告でいると延滞税や無申告加算税が発生したり、悪質と判断されれば逮捕されるケースもあるため注意してください。

ページのトップへ