そもそも仮想通貨とは?現金や電子マネーとはどう違う?
  1. そもそも仮想通貨とは?現金や電子マネーとはどう違う?

そもそも仮想通貨とは?現金や電子マネーとはどう違う?

そもそも仮想通貨とは?現金や電子マネーとはどう違う?

仮想通貨ってどんなもの?

「仮想通貨とはなんですか」と聞かれたら、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。仮想通貨はその名の通り実体を持たないバーチャルなお金のこと。紙幣や硬貨のように物体としては残らないものの、きちんとお金としての価値を持ち、インターネット上で取引されています。有名なものだと「ビットコイン」がそうです。ビットコインなら仮想通貨にあまり馴染みのない方でも耳にすることがあると思います。

ビットコインをはじめとした仮想通貨にはお金としての価値がある、と説明しましたが厳密には国家による価値の保証はありません。私たちがよく知るアメリカの「ドル」やEUの「ユーロ」、日本の「円」は「法定通貨」。これらは国によって信用が裏付けされている通貨であると同時に、商取引や賃金など日常的に使用される際に受取を拒否できない法的な強制力を持つことが特徴です。

一方で仮想通貨にはこうした「国による保証」はありません。なのになぜ価値があると認められるかというと、そこには「発行上限数」が深く関わっています。法定通貨は国の中央銀行によって管理・発行される通貨で、発行上限が定められていません。つまり、金融緩和などの政策によって通貨が大量に発行された場合、流通するお金の量が増えてお金の価値が下がることもあるのです。しかし、仮想通貨はあらかじめ発行数の上限が決まっており、価値が変動することがないというメリットがあります。さらに、仮想通貨は円のような法定通貨とも交換が可能で、決済や送金、投資にも問題なく利用できるため、仮想通貨がそうして多くの方に使われていることことそのものが価値の裏付けともいえます。

ビットコインをはじめとした仮想通貨を手に入れるには、トップページに掲載したような取引所を利用します。法定通貨と交換できるとはいっても、交換しなければ実体を持たないデジタル通貨なので、普段はスマホやPCの「ウォレット」(財布)と呼ばれるアプリに入れて持ち歩きます。外出先でもスマホさえあればいつでもどこでも使えるのです。

電子マネーとはどう違うの?

実体がないお金、というと「Suica」や「Edy」などの「電子マネー」を思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、仮想通貨は電子マネーとは根本的に仕組みが異なります。電子マネーをよく利用する方は、いつもどんなふうに電子マネーを使っているかを想像してみてください。電子マネーは店舗やインターネットを経由して「チャージ」(入金)を行います。そして、チャージした分の金額だけ買い物をすることができますよね。最近では一定額を下回ると自動的に入金される「オートチャージ」のシステムもありますが、「財布からお金を出す手間を事前に省いている」のが電子マネーといえます。

対して仮想通貨は電子マネーとは違い、仮想通貨そのものに価値があります。利用するためにカードやチャージは不要で、代表的な仮想通貨であるビットコインには「BTC」という通貨の単位も存在しますし、法定通貨のように相場の変動も起こります。電子マネーは円など既存の通貨をさらに使いやすくするためのものですが、仮想通貨はそのものが円やドル、ユーロなどとほとんど変わらずに利用できます。しかも大きな強みとして、特定の国が管理する通貨ではないので国境が存在しません。どこの国でも通用する、という安心感は電子マネーにはない大きなメリットといえるでしょう。

仮想通貨は誰が管理しているのか

しかし、「円」や「ドル」のような「国による保証」がないのなら誰が管理しているのか疑問に思うのではないでしょうか。実は、仮想通貨には管理者がいないケースもあります。現在、世界に存在する仮想通貨は実に4,000種類以上ともいわれていて、その全てが同じ管理者によって管理されているわけではありません。仮想通貨ごとに管理者は異なっており、特定の会社が管理権を持っていることもあれば、「ブロックチェーン技術」による管理方法が取られているケースも存在します。「ブロックチェーン技術」というのは、世界中の人々による分散管理のシステムのこと。「ブロックチェーン技術」について詳しくは「ブロックチェーンとはどんな技術?」のページで解説していますが、重要なのは仮想通貨が一括して特定の管理者に委ねられているのではなく、民主的なシステムによって管理されているものもある、ということです。

仮想通貨の不正操作を防ぐ「電子署名」とは

特定の管理者がいないとなると、不正操作などセキュリティ面で不安を感じる方もいるかもしれません。しかし、例えば仮想通貨の中でも最も有名なビットコインでは「電子署名」という暗号技術を採用することでセキュリティを強化しています。電子署名は現在の所有者に無断で送金ができないようにする仕組みで、過去の所有者も全て記録されています。これらの記録は後から改ざんすることが一切できないようになっているため、ビットコインを悪用されにくくすることが可能なのです。

ページのトップへ