仮想通貨投資は短期トレードと長期ホールドどちらがおすすめ?
  1. 仮想通貨投資は短期トレードと長期ホールドどちらがおすすめ?

仮想通貨投資は短期トレードと長期ホールドどちらがおすすめ?

仮想通貨投資は短期トレードと長期ホールドどちらがおすすめ?

短期トレード・長期ホールドの特徴

仮想通貨の投資では、「短期トレード」と「長期ホールド」の2つのアプローチがあります。短期トレードと長期ホールドにはそれぞれにメリットとデメリットが存在するため、どちらかが絶対的に稼げると言い切ることはできません。

短期トレードというのは、当日~数週間という短いスパンの売買で利益を出していく投資方法です。「安いときに買い高いときに売る」ことを鉄則とし、仮想通貨の場合は1日に数十~数百回以上もの取引を行うデイトレーダーもいます。一瞬の判断が損益を大きくわけるハイリスクハイリターンな投資方法です。

一方の長期ホールドは、短期トレードとは逆に1ヶ月以上仮想通貨を保有し続けて利益を出していく投資方法になります。仮想通貨の激しい価格変動に左右されず、将来的な値上がりを見込んでの投資です。

短期トレードの難しさ

初心者が仮想通貨取引を行うのであれば短期トレードよりも長期ホールドをおすすめします。理由は仮想通貨取引初心者にとって、短期トレードには初心者が陥りやすい失敗や落とし穴が多く、リスクも大きいためです。

先ほどお話しした通り、短期トレードでは「安いときに買い高いときに売る」ことを繰り返します。つまり、チャートを読み解く力が必要不可欠なのです。すでに株やFXなど、ほかの投資で短期トレードを経験している方なら問題ないかもしれませんが、まったくの初心者が自己流でチャートを読み解くのは非常に困難です。何の知識もないままで取引をしても50%以上の確率で上げ下げを外すことがほとんどなので、損をする可能性が高いと言わざるを得ません。

また、仮想通貨は株やFXと比べても価格変動が大きいことが特徴です。価格変動が大きい、ということは一気に大金を稼げる可能性があるともいえるのですが、逆に数時間で大暴落するようなことも頻繁に起こります。1日で10%以上の価格変動をすることもあり、ここでもチャートを読み解けないことには利益を出すのは難しいでしょう。

仮想通貨の価格変動におけるポイント

長期ホールドのメリットと注意点

仮想通貨は全体的に見て右肩上がりの状態にある業界で、今後も「ビットコイン」だけでなく「イーサリアム」「ライトコイン」などの「アルトコイン」の価値が伸びていくことが予想されています。これらの仮想通貨を保有しておくだけでも将来、価値が上がり利益を生む可能性は大いにあるため、短期トレードが難しいと感じた場合は長期ホールドを検討してみるのも良いでしょう。何より、チャートに四六時中張り付いていなくても良いですし、高騰や暴落で一喜一憂することもありません。

こういった理由で初心者が取り組むなら長期ホールドの方が簡単なのですが、そこでも注意しておかなければならないポイントは存在します。それは、投資する仮想通貨の将来性を分析すること。仮想通貨には開発された背景があり、ビットコインなら今後生活の中に根付いていく期待を多くの方が持ったからこそ価値が上がっているのです。将来、価値が上がっていくことが期待できる仮想通貨なのかがまず重要になります。また、長期ホールドであっても市場の動向は観察しておかないと、売り時や買い時を逃してしまうかもしれません。仮想通貨に投資を行うのであれば、購入して終わりではなく仮想通貨関連のニュースには常にアンテナを張っておきましょう。

ページのトップへ