仮想通貨の具体的な購入方法を紹介!QUOINEXでビットコインを買ってみた
  1. 仮想通貨の具体的な購入方法を紹介!QUOINEXでビットコインを買ってみた

仮想通貨の具体的な購入方法を紹介!QUOINEXでビットコインを買ってみた

仮想通貨の具体的な購入方法を紹介!QUOINEXでビットコインを買ってみた

仮想通貨はいくらから始められるの?

「仮想通貨を使うメリット1.投資~誰でも少額からチャレンジできる!」でもお話ししたように、仮想通貨は非常に魅力的な投資方法です。最初の仮想通貨である「ビットコイン」だけでなく、「イーサリアム」や「リップル」などの人気の高い「アルトコイン」も次々と誕生し、仮想通貨に興味を抱く方はどんどん増えています。しかし一方で、仮想通貨の購入方法がわからなくて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。特に初心者が戸惑うのが、仮想通貨の高騰です。1ビットコインの価格が100万円を突破した、などと耳にすると「高すぎてとても手が出せない」と思ってしまうのも当然です。

しかし、仮想通貨は少額から投資が可能な点も人気の理由のひとつであり、取引所や仮想通貨の種類によって違いはあるものの、数十万円、数百万円なければ購入できないということはありません。最小購入単位は仮想通貨取引所によってまちまちですが、ビットコインなら0.0001BTCが各取引所の中での最小単位になります。0.0001BTCということは1ビットコイン100万円でも100円から購入が可能、ということです。

QUOINEXの仮想通貨購入手順

仮想通貨が少額からチャレンジできるものがわかったら、実際に取引を行ってみたくなりますよね。そこで、口座開設から入金を行い、欲しい仮想通貨を購入するまでの流れをまとめてみました。口座開設については「仮想通貨の取引所(販売所)の口座開設手順!条件や用意するものは?」のページで詳しく解説しているので、ここでは主に入金を行って代表的な仮想通貨「ビットコイン」を購入する流れを取り上げていきます。

QUOINEXに入金する方法は「銀行振込」か「クイック入金」になります。この記事では銀行振込で入金する方法を説明します。まず、ログインを済ませたらダッシュボードの画面になるので、画面上にある「≡」をクリックし、メニューを表示しましょう。

銀行振込で入金する方法
次へ

メニューから「入金」を選び、「JPY」を選択します。「はじめる」ボタンを押したら「銀行名」「支店名」「口座名義」「口座番号」「振込先口座の確認書類」を入力します。「SWIFTもしくは銀行コード」は「なし」でOKです。すべての記入が終わったら「設定」をクリックして入金口座登録は完了です。

それから「金額(JPY)」に入金したい金額を入力して「入金依頼を送信」をクリックし、入金IDを控えておきます。入金IDは振込手続き時に必須となるため、名義を記入する場合に「入金ID+名義」としてください。

次へ

無事入金が完了したら、ビットコインを購入してみましょう。QUOINEXでビットコインを購入する場合、初心者でも利用しやすいのが「シンプルトレード」です。画面上部のシンプルトレードをクリックしてください。

シンプルトレード
次へ

シンプルトレードでは、仮想通貨取引の基本である「現物取引」を「指値注文」で行うことができます。指値注文とは、仮想通貨の数量と価格を指定して、その価格以下になったら購入するという注文方法です。(売る場合は、指定した価格以上になったら売ります)自分の希望した額で取引ができるので、安心で初心者向けです。

ここでは、入金した日本円(JPY)でビットコイン(BTC)を購入してみます。取引画面の左側でJPYを選択し、次に通貨ペア(BTC)を選択します。左のチャートにBTC/JPYが表示され、真ん中の注文パネルでBTC購入、右側の注文パネルでBTC売却ができるようになります。

日本円(JPY)でビットコイン(BTC)を購入
次へ

真ん中の「BTC購入」注文パネルの下部に「売り板」があります。一番上が最安値です。

これを確認したうえで、上の「購入価格(JPY)」・「数量(BTC)」に希望額と数量を入力していきます。

例えば現在の最安値が図のように1,927,184円で、購入価格を1,926,000円と入力して注文したとします(数量も指定します)。そうすると、ビットコインの価格が1,926,000円まで下がった時に自動で約定(購入)されます。これが指値注文による購入です。

指値注文による購入
次へ

ちなみに、売り板の価格をクリックすると、購入価格と数量が自動で入力されます。「受渡金額」には購入に必要な金額が表示されます。この数量では資金が足りないことが分かりますね。

受渡金額
次へ

希望する数量を手入力することも可能ですが、右上に表示されている出金可能額から25%・50%・75%・100%と割合を指定することも可能です。

例えば50%を指定すると、購入できる数量が自動で入力されます。受渡金額を確認してOKであれば、「BTC購入」をクリックします。

BTC購入
次へ

再度確認画面が出るので、OKであれば注文実行します。間違いがあれば「取消」を押せば注文はキャンセルすることができます。

注文実行

以上、基本のシンプルトレードでのビットコイン購入方法でした。売り注文も同じ要領で行うことができます。

ただ、シンプルトレードはその名の通り初心者向けに機能が絞られているため、慣れてきたら「多機能トレード」を利用した方が様々な取引を行えます。多機能トレードをクリックし、画面右下に注目してください。

多機能トレード
次へ
多機能トレード

多機能トレードには「指値」「成行」「逆指値」「トレール」の4種類の注文方法があり、それぞれ以下のような特徴があります。

  • 指値 ・・・ 指定した値段以下になるまで取引が成立しない
  • 成行 ・・・ 数量のみを指定し即時取引が成立する
  • 逆指値 ・・・ 指定した値段以上になるまで取引が成立しない
  • トレール ・・・ 相場の値動きに応じて自動で注文がつく

いずれの注文方法でも、レートと数量を指定して「買」をクリックすれば注文は完了です。

これらはいずれも一長一短で、指値はできるだけ安く買いたい方に向いているものの確実性には欠けますし、成行は確実に購入できる反面高く買ってしまうケースもあります。それぞれの特徴を理解し、使いこなせばシンプルトレードに比べて目当ての仮想通貨を安く買い、高く売ることもしやすくなります。

ページのトップへ