仮想通貨の取引所(販売所)の口座開設に条件はある?QUOINEXで実際にやってみた
  1. 仮想通貨の取引所(販売所)の口座開設に条件はある?QUOINEXで実際にやってみた

仮想通貨の取引所(販売所)の口座開設に条件はある?QUOINEXで実際にやってみた

仮想通貨の取引所(販売所)の口座開設に条件はある?QUOINEXで実際にやってみた

口座開設の条件

仮想通貨取引を行いたい、と思ったらまずは仮想通貨取引所で口座開設を行う必要があります。そこで、仮想通貨取引所に口座開設を行うためには何が必要なのか、条件や用意しなければならないものをまとめていきましょう。

まず最初に気になるのは口座開設の条件ですが、実は仮想通貨は口座開設にあたっての制限や条件はそれほど厳しくありません。証券会社やFX会社で口座開設を行おうと思った場合、年齢制限に加えて国内在住であることなど、複数の条件が設定されていることが多いですし、同業者の口座開設も禁止されています。しかし、仮想通貨取引所では年齢や職業、住所の制限は緩く、大手仮想通貨取引所bitFlyerでも保護者の承諾書と保護者の顔写真付本人確認資料さえあれば未成年OKとなっています。

準備するもの

仮想通貨取引所で口座開設を行う場合、「ウォレット」と「取引」の2種類のアカウントクラスが存在します。「ウォレット」のみで構わないのであればメールアドレスやFacebookのアカウントだけでも可能です。ただし、ウォレットのみだと1日の預入額や送付額に制限が設けられており、本格的に仮想通貨取引を行いたい方にとっては使いにくさが目立ちます。やはり不自由なく取引を行っていくなら、「取引」クラスの口座開設を行いましょう。

「取引」クラスでの口座開設においては、以下の6つが必要になります。

  • 運転免許証 / パスポートなど本人確認書類
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • IDセルフィー
  • 利用規約・プライバシーポリシー・取引時交付書面等への同意

「IDセルフィー」についてはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、特に公的な書類を発行するといった手間は必要ありません。IDセルフィーは運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と、口座開設を行う本人が一緒に写っている写真を指します。書類に写っているのが本当に本人なのかを確認する手段として用いられています。

口座開設の流れ

実際に口座開設を行う段階になったら、大きな流れは以下の通りです。

  • メールアドレスの登録を行い認証用URLから本登録手続きを行う
  • 本登録手続き後、3~7日ほどで本人確認書類を受け取って記入する
  • 本人確認が承認されれば取引開始

口座開設にあたって記入する必要事項は名前や住所、生年月日が多いですが、会社によっては電話番号が求められることもあります。ただ、証券会社やFX会社のように勤務先や大学を記入する必要はほとんどありません。

実際にやってみよう!QUOINEXの口座開設手順

それでは、実際に当サイトでおすすめする「QUOINEX」の口座開設を画像を交えて解説していきましょう。

まずは公式ページの「口座開設はこちら」をクリックして登録ページへジャンプします。

口座開設はこちら
次へ

日本にお住まいなら「居住国」を「日本」として次へ。

居住国
次へ

口座種別では「個人」を選び、メールアドレス、パスワードを入力します。そして、「居日本以外に居住地国がないことを確約」「米国納税義務がないことを確約」にチェックを入れます。

口座種別
次へ

次に姓名を入力したら生年月日・性別・国籍を選択し、「外国の重要な公人、もしくはその親族ではないことを確約」にチェックを入れます。

連絡先についてはハイフンなしで郵便番号と住所を記入し、電話番号もハイフンなしで記入してください。職業については選択になります。

生年月日
次へ

財務情報・投資経験ではすべて選択肢から選ぶことになるため、該当するものを選んでいってください。収入源・年収・投資可能資産額・投資目的・投資経験5種類の9項目です。投資経験欄は未経験でも選択が必須です。

プロモコードは所有していればで構いません。持っていないなら空欄のまま進み、利用規約と最後の同意のチェックボックスを確認し、「次へ」を押せば入力完了。それと同時にメールが届きます。

財務情報・投資経験
次へ

届いたメールにある「アカウントの確認」をクリックすれば登録は完了です。ログインして取引画面に入りましょう。

アカウントの確認
次へ

さてアカウント登録はここまでで完了ですが、実際に取引を始めるには本人確認の書類を提出する必要があります。手続きを見ていきましょう。

取引画面の右上にある「三」をクリックするとメニューが表示されるので、「設定」の「プロフィール&口座開設状況」をクリックします。

設定
次へ

ステータスは書類提出前となっていますので、「口座の認証をするにはクリック」をクリックします。

口座の認証
次へ

本人確認書類の種類から、提出する書類名をクリック。

運転免許証・パスポート・個人番号カード・在留カード(外国籍の方)・住民基本台帳カード・健康保険証・住民票・その他より選べます。

本人確認書類
次へ

スマートフォンで本人確認書類の写真と本人の写真を撮って、アップロードします。

写真
次へ

プロフィール&口座開設状況のステータスが「※書類審査中」になればOKです。

ステータス

審査が完了すると、ユーザーIDが書かれた本人確認完了のはがきが届きます。はがき到着後、約2営業日で晴れて取引が可能となります。私の場合は本人確認書類を提出してから一週間ほどではがきが届きましたが、混雑状況によって前後するようです。

ページのトップへ