仮想通貨取引所の選び方~押さえておくべき5つのポイント
  1. 仮想通貨取引所の選び方~押さえておくべき5つのポイント

仮想通貨取引所の選び方~押さえておくべき5つのポイント

仮想通貨取引所の選び方~押さえておくべき5つのポイント

選び方1.信頼性

仮想通貨には様々なメリットが存在します。「仮想通貨を使うメリット1.投資~誰でも少額からチャレンジできる!」で紹介した投資に加え、「仮想通貨を使うメリット2.送金・寄付~銀行送金との使い分けは?」で解説した海外送金など、用途は年々増えてきているため、今後もさらに便利になる可能性も大いにあります。そんな仮想通貨だからこそ始めてみたい、と思う方も多いでしょう。しかし、一体どこの取引所から始めたら良いかがわからず困る方もまた多いです。そこで、このページでは仮想通貨取引所の選び方についてまとめていきます。

仮想通貨取引所を選ぶ基準としては、まず第一に取引所の信頼性が挙げられます。信頼性、というのはセキュリティや取引所を運営する会社の規模、資本金などの面のこと。セキュリティ対策が万全でなければハッキングで仮想通貨が盗まれてしまう危険性がありますし、580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出したコインチェックの事件は記憶に新しいです。さらに、仮に倒産などの事態になれば預けている仮想通貨がすべてなくなる可能性すらあるのです。

選び方2.手数料の安さ

仮想通貨取引所を選ぶにあたっての2つ目のポイントは手数料の安さです。仮想通貨の取引を行うときには一定額の手数料がかかりますが、たとえ0.5%の手数料の違いであっても取引頻度が高くなれば大きな損失になります。仮に100万円の取引を行った場合、手数料が1%なら1万円ですが、0.5%なら5,000円に抑えることが可能です。この差は手数料の差が開けば開くほど大きくなることはもちろん、取引の頻度が多くなることでも響いてきます。手数料1%で100万円の取引を月に2回、半年間続けたら12万円。しかし、手数料無料なら12万円分の費用を別のことに回せるようになります。

手数料には「取引手数料」と「スプレッド」の2種類があり、取引手数料はその名の通り、仮想通貨の取引の際に発生する手数料のこと。そのため、取引回数が多い方ほど負担も大きくなります。スプレッドについては「仮想通貨取引所の手数料の種類やスプレッドについて知ろう」で詳しく解説していますが、売値と買値の差額のことを指し、取引所やタイミングによっても変化します。どうすれば手数料を安く抑えることができるのか、取引回数や取引の形態に応じて自分に適したものを選びましょう。

選び方3.取り扱い通貨

3つ目のポイントとなるのが取り扱っている通貨です。取り扱い通貨の数が多いほど投資の選択肢も増え、利益を上げることができる可能性も高くなります。そのため、基本的には取り扱い通貨の数が少ないよりも多い仮想通貨取引所が有利です。

また、単に取り扱い数が多いというだけではなく、安全性や将来性のある仮想通貨かどうかもしっかりとチェックしておくようにしましょう。日本の取引所では金融庁のホワイトリストに登録された通貨のみ扱うよう決められているため、国内の取引所であれば詐欺被害に遭うような仮想通貨は低いといえます。仮想通貨の将来性についてどのように判断するか、基準は様々ですが、「仮想通貨の種類~ビットコインとアルトコインの違いは?今買うべきなのは?」のページで今後に期待が持てるアルトコインをまとめています。

選び方4.サーバーの強さ

4つ目のポイントは仮想通貨取引所のサーバーの強さです。仮想通貨取引所は多数のユーザーがアクセスして同時に大量の取引を行っているので、サーバーが弱いとダウンしてしまい取引ができなくなる可能性があります。サーバーのダウンによって取引ができない、となればその間に訪れるチャンスを逃してしまうことになります。仮想通貨は株やFXに比べて価格変動が激しく、暴落や暴騰も高い頻度で起こるため、常に取引できる状態が保たれていることは非常に重要です。

選び方5.取引ツールの使いやすさ

5つ目のポイントとして挙げられるのが取引ツールの使い勝手です。特に仮想通貨取引の初心者の場合、取引画面は見慣れないグラフや記号が多く、どうしてもわかりづらく感じてしまいがちです。操作や見方がわかりにくい取引ツールは間違った取引をしてしまったり、注文が遅れてしまったりするケースもあるため、取引ツールの使いやすさは軽視できません。

仮想通貨の値動きが視覚的にわかりやすく表されているか、取引画面は直感的に操作できるか、取引の手順は明解か、など快適な取引を行うことができるかを確認していきましょう。

ページのトップへ